調剤業務委託システム「Vets Medicine Operation」において「アニレセクラウド」とデータ連携開始

株式会社ブーリアン(以下、弊社)では、弊社の開発・運用する調剤業務委託システム「Vets Medicine Operation(VMO)」において、アニコム パフェ株式会社の「アニレセクラウド」とAPIデータ連携を2020年8月20日(木)より開始いたします。

 

「アニレセクラウド」とは、およそ1,400の動物病院で導入されており、日本国内でNo.1のシェア(※アニコム パフェ株式会社調べ、2019年4月時点)を誇る動物病院向けの電子カルテ付顧客管理システムです。

このたび、VMOシステムとAPI連携を行うことにより、アニレセクラウドに入力されたペットオーナーとペットの顧客情報が自動的にVMOに反映され、両方のシステムでの2重登録が不要になります。

 

VMOシステムは、動物病院と調剤薬局とをデータ連携することで、調剤からデリバリーまでを一括して受託する画期的なシステムです。VMOシステムが電子カルテ付き顧客管理システムと情報を共有することで、より簡便にVMOシステムをご利用いただけ、使用時の手間・リスクを大幅に軽減することが可能となりました。

これまで「アニレセクラウド」を利用している動物病院にとっては「VMO」システムをよりスムーズに導入していただくことが可能となるほか、「アニレセクラウド」「VMO」の両方を利用していた動物病院にとっては、このAPI連携によりデータの再入力の手間を省くことができます。

さらに弊社とアニコム パフェ社では、今後も受付から会計までのフローをより深く連携するため開発を検討してまいります。

 

弊社ではこれからも、動物病院の業務の簡便化に繋がるさまざまなサービスを展開していく予定です。